2015年

6月

03日

「由潮の生言葉」vol.2

お久しぶりです...1年以上ブログを更新していなかったナマケモノの私^^;

 

5月31日、「由潮の生言葉」vol.2 終了しました。

 

ニシザカライトさんの、3.11後に福島に残った家族を題材にしたアニメーション「頬と左手~それでも僕らは生きてゆく~」を上映し始めた時に大きな地震があり、中断したりもしましたが、無事に終えることができました。

「頬と左手~...」は、言葉のないアニメーションでしたが、それだけに見る方の想像力が掻き立てられ、福島に住んでいる方々の生活の大変さを感じることができる作品でした。

 

対談では、ニシザカライトさんのASR(Artistic Social Responsiblity)=作家の社会的責任 という活動についてお話を聞くことができました。児童擁護施設などで絵本作りのワークショップを行い、子ども達に表現の自由や、自己肯定感を育む活動をされているとのことでした。

私も自身の子育てや、子どもと関わる仕事をしている中で、表現の自由や自己肯定感の大切さを感じているので、こうした活動がどんどん広がっていくことを期待しています。

 

姪の由潮は喉の調子が今ひとつで、苦闘していましたが、心を込めて歌っていました。

 

私はニシザカライトさんの作品「どうして僕は、生まれて来たの?」「はじまりの日」を朗読させて頂きました。プロジェクターを使っての絵本の朗読は初めてだったので、いつもと感覚が違いちょっと心配でしたが、なんとか無事に終えることができました。

 

足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

終了後に残ってくださっていた方々と写真撮影!

0 コメント

2014年

4月

26日

イベントでのベビーマッサージ(^^)

 先日、某企業のイベントでベビーマッサージを行いました。

1組30分ずつのマンツーマンで、6組の親子の方と行いました。

中には、おとうさんもいらして、おとうさんの大きな手でマッサージをしてもらっている赤ちゃんがニコニコするのを見ては「おお、そんなにうれしいのか!」と、おとうさんも大喜び!その様子を見て私まで嬉しくなりました(^^)

2014年

4月

01日

アーテム・ト-ヌス・トンの講習会に参加して・・・

 先月、3日間のアーテム・トーヌス・トンの講習会に参加しました。講師は、ウィーン出身の俳優で、*フェルデンクライス・メソッドのトレーナーでもあるクリストフ氏です。

 ワークの内容は基礎的なものでしたが、初心にかえった気持ちで3日間自分の声と心と体に向き合うことで、新しい発見が沢山ありました。心の中の憂鬱なことが、声と一緒に体の外へと放たれていくようで、心が穏やかになりました。

 参加者も、セラピストの方や、元小学校の校長先生など、様々な職業や活動をされている方がいらっしゃって、色々なお話が聞くことができ、良い刺激になりました。

 ただ、共通していたのは、アーテム・トーヌス・トンの良さを色々な所で説明しても、なかなかわかって頂けないということでした。自分の声や心や体をなんとかしたい・・・という思いがなければ、アーテム・トーヌス・トンの良さを理解して頂くのはなかなか難しいですね、と話していました。

 

*フェルデンクライス・メソッド

 創始者モーシェ・フェルデンクライス博士は『心地よい体の動きが”脳”を刺激し活性化させる』ことを発見し、1940年代に一つの体系化されたメソッドとして確立。以来、ヨーロッパをはじめ北米・南米・オーストラリアへと広がり、その実績は教育・芸術・医療など幅広い分野で評価され現在では日本を含め世界で活用されている。(日本フェルデンクライス協会HPより抜粋) 

2014年

3月

19日

親子サークルファンタジーの卒会

 今月の7日にファンタジーの卒会がありました。

おかあさん方が準備して下さった「そつかいおめでとう」の壁飾りの会場で、いつものプログラムを少し短めにして、後半に卒会を行いました。

 ピアノの加藤さんと私が、卒会する子ども達にむけたことばを書いたカードを一人ずつ読んで渡していきました。「何をもらえるのかな?」と興味津津な子、ちょっと緊張しながら聴いている子などがいて、いつもと違った雰囲気を感じているようでした。

 その後に、おかあさん方からの寄せ書きを、子ども達が加藤さんと私に渡してくれました。

 そして、「そつかいおめでとう」の飾りの前で、みんなで記念撮影をしました。

 おかあさん方からの寄せ書きは、毎年とても楽しみにしています(^^)

お子さんの写真や絵やシールなどが貼られて、とても可愛らしく、おかあさん方からのことばにも励まされます。ファンタジーの講師を続けてきて良かったなと思う瞬間です。

 今年度は正直言ってやりたいことを出来なかった面がありました。子ども達やおかあさん方には、申し訳なかったなという思いがあります。来年度はそういうことのないようにしたいと思っています。

 

 

2014年

2月

27日

こんなことってある!?(^o^)

久しぶりのブログ更新です。

今日はあったかい雨の予報だったのに、そうでもなかったですね。

 今朝、仕事に行く途中の電車で、偶然一年ぶりにOさんに会いました!!

彼女は、たまたま他の社員の代理でいつもと違う仕事先に向かう所でした。

彼女とは以前にも、ある駅で偶然会ったことがあるのです。

こんなことってあるんですね!!

何か不思議な縁を感じたのでした。

 

2014年

1月

14日

親子リトミックサークル ファンタジー会員募集!!

私が講師をさせて頂いているファンタジーのご案内です。

 

対象:1~3歳(未就園児)

場所・曜日:祖師谷地区会館(小田急線祖師ヶ谷大蔵駅より徒歩約2分)

      毎月2回月曜日 10:10~11:00

 ・歌とピアノのリズムを感じて体を動かす、集団あそび

 ・鈴やカスタネットやタイコなどの楽器を使ったあそび(珍しい楽器を使うこともありますよ)

 ・手あそびや、絵本の読み聞かせ

 

 ピアノ伴奏:加藤沙織

 

お問い合わせ:坂井090-4201-1488

 

祖師谷地区で活動を始めて14年になります。

ということは・・・最初の頃の子ども達はもう高校生になるのですね!

何よりも、子ども達の主体性を大切にし、楽しく活動できるよう、おかあさん達と

協力して活動しています。

体験は無料です。一度参加してみてください。お待ちしています!

 

2014年

1月

03日

あけましておめでとうございます。

 昨年お世話になった皆さん、また励まして応援してくれた友人の皆さん、本当にありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 昨年末は、兄が組んでいる親父バンドが出演する大晦日恒例のライブで年を越しました。常連さんも多く、和気あいあいとした雰囲気で、新年のカウントダウンも、ジルベスターコンサートのボレロの演奏終了が午前0時に間に合うかどうかの緊張感とは全く違って、午前0時を過ぎてからカウントダウンをするという、ゆるーいライブでした(笑)

 バンドを組んでいた高校時代を思い出して、「またバンドやりたいな~」と思った元旦でした。

 

 

2013年

12月

09日

親子サークルファンタジーのクリスマス会☆

 先週の金曜日は、ファンタジーのクリスマス会でした。

壁のクリスマスツリーの飾りや、音楽あそびに使った可愛らしい鈴、プレゼントのキャンディレイ、これら全てがおかあさん達の手作り!!

おかあさん方の心のこもったあったかくて素敵な会でした♪

 そして、サンタさんはシンガーソングライターの龍井一磨(りゅうせい かずま)さん!最初から最後まで一緒に活動して下さいました。

 前半はいつものリトミックと親子あそびと、ダンス・リトルバード(子ども達が踊るととってもかわいらしい振り付けです)

 後半は、絵本「クリスマスの ころわん」の読み聞かせ(なかたに)。

次に、子ども達はおかあさんの手作りの鈴を腕につけて、龍井さんとピアノの加藤さんとのコラボで♪アンパンマンマーチ、龍井さんの元気の出るオリジナル曲。最後はみんなで♪赤鼻のトナカイ。

 そしていよいよサンタさんからキャンディレイのプレゼント!!ひとりひとりサンタさんからレイをかけてもらって嬉しそうな子ども達!

 皆さんのご協力で楽しいクリスマス会を催すことができました。どうもありがとうございました!!

 

 

 

2013年

12月

01日

ふたばの会30周年記念パーティ

 昨日は、ダウン症の赤ちゃんのベビーマッサージ・体操で講師をさせて頂いている

ふたばの会の30周年記念パーティでした。

 赤ちゃんから、バッチリおしゃれをしてキメテイル若者までアットホームな雰囲気。

あちこちで「大きくなったわね~」「あらカッコイイ!」「もう高2で、お試し実習(職場)やっているんですよ。」など、久しぶりに会う親御さん同士の会話も。赤ちゃん体操にいらしていたお子さんもすっかり成長されていました。

 

 ゲストで歌手のMIMOさんは、娘さんがダウン症で、娘さんの為に作った歌を歌って下さいました。涙腺がゆるい私は目に涙が・・・

♪サンタクロースがやってくる の後には5~6人のサンタさんがプレゼントを持って登場!プレゼントを貰ったみんなは早速開けて遊んでいるお子さんも(^^)

  

 その後は20歳以上の若者達が舞台に上がり、代表のWさんがご両親にお手紙を読みました。涙を流しながら読んでいる姿を見て、お友達も涙を・・・私もまたもらい泣きをしてしまいました。「これからは、私達に任せてください」といったような、とてもしっかりとした内容のお手紙に大変感動しました。

 

 時間はかかるけど、しっかりと成長していくダウン症の子ども達。

若者達の姿をご覧になった赤ちゃん達のご両親はきっと勇気づけられたことでしょう。

 

2013年

11月

21日

ベビーファンタジー~親子サークルファンタジー

 ちょっとご無沙汰していました。

  先週の木曜日のベビーサークルは、双子ちゃんも参加。おかあさんが二人をマッサージしたり、私がサポートに入ったり。人見知りが始まっているので、私ではなかなか納得してもらえない様子(笑) バスタオルでブランコはみんなお気に入り。音楽あそびは

色んな楽器を触ってみたり、なめてみたり、鳴らしてみたり、目が輝いていました!

 先週の金曜日は親子サークルファンタジーでした。

前回、前半のリズム活動の様子を撮影しそびれてしまった私(^^;)

今回はちゃんんと撮影しましたよ。ピアノの演奏を聴きながら、かめや三輪車、おうまやおふね、あひるなど、おかあさんと一緒にたくさん体を動かしました。おうまは四つばいと高ばいと2種類やるのですが、おかあさんの背中の上に乗せてもらうのが楽しくて、金太郎さんになってしまいます。おかあさんが大変そう・・・いつもご苦労様です。

 

2013年

11月

12日

ダウン症の赤ちゃんのベビーマッサージ・体操・・・

 一昨日は、ダウン症の会の赤ちゃんの活動でした。

いつもおとうさんの参加が多く、大きな手で、また慣れない手つきで小さなあかちゃんを優しくマッサージされている姿を見て、いつも微笑ましく思っています(^^)

 体操は、三輪車の曲で「いちに、いちに」とリズミカルに足を曲げたり伸ばしたり、腕の体操は♪ひらひらちょうちょうと歌いながら、胸の前で腕を交差したり開いたり。

♪ブランコの曲を聴きながらのバスタオルでのブランコは、みんな気持ちよさそう・・・

 絵本の読み聞かせは、ジーッと見つめている子、ページをめくろうとやってくる子。

 音楽あそびは、ガラガラやフルーツマラカス、鈴、カスタネット、たいこ、カエルの民族楽器など、好きな物を選んで、沙織先生のキーボードの曲を聴きながら、カシャカシャ鳴らしたり、トントンたたいたり楽しそう!

 大布あそびは、上から降りてくる布をジーッと見ている子や、両手を上に上げてつかもうとする子、つかんで一緒にやろうとする子など、色んな反応が見られます。

 

 体験にいらしたおかあさんが「ほんわかとしていていいですね」と、おっしゃっていました(^^)

2013年

11月

09日

親子サークルファンタジー

 昨日は、親子リズムサークルでした(^^)♪

幼稚園就園前の子ども達とおかあさんのサークルですが、昨日は三人のお兄ちゃん達が幼稚園の行事の関係で午前中お休みだったので、一緒に参加してくれて賑やかでした!お兄ちゃんもサークルを楽しみにしてくれていたようです!

 

 前半はピアノのリズムに乗って、おうまや、うさぎ、とんぼ、きしゃなど、体を沢山動かします。

 後半は、手遊びや、音楽あそび、絵本の読み聞かせなど。

音楽あそびは、好きな楽器、フルーツマラカスや、鈴、カスタネット、たいこ、トライアングルなどを選んで、ピアノの曲を聴きながら自由に楽器を鳴らして楽しみます。リズムに合わせて歩きながら楽器を鳴らしたり、グループになって鳴らしていたりと楽しそうでした。

 昨日の絵本は「ぶーぶーじどうしゃ」でした。最初は静かに観ていた男の子たちも、色んな自動車が出てくるとだんだん興奮してきて、「パトカー!」「きゅうきゅうしゃ!」「これ持ってる!」「おれも持ってる!!」(もちろんミニカーですよ)と、危うくケンカになりそうでした(笑)男の子って本当に車が好きなんですね!

 

 今回はリズムで動いている時の写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました(><)今度は忘れないようにしますね。

2013年

11月

01日

ベビーファンタジー

 昨日は、世田谷区祖師谷のベビーサークルでした(^^)

人見知り真っ最中のKちゃんは、最初はおかあさんにべったり。

でも、だんだん慣れてきて、音楽あそびでは色んな楽器を鳴らして

楽しんでいました。

 バスタオルでのブランコは、ユラリユラリとみんなとても気持ちよさそう・・・

 HくんとSくんは、大布あそびで布が顔に近づいてくるとキャッキャ

キャッキャと体全体を動かして喜んでいました。

 昨日の絵本の読み聞かせは、「もう わらった」です。

わんちゃんや、うさぎなどかわいい動物達がでてきます。

赤ちゃん達はみんな、泣いたり笑ったりの動物たちの表情にくぎづけ!

 昨日もみんなで楽しい時間を過ごしました!

 

2013年

10月

31日

卒業後は・・・

 卒業後は、卒業生や色んな方達と小劇場で演劇をやっていました。その後は、親子のリズムサークルや、地域の子ども達の表現あそびの会や、障がい児・者の表現活動に携わってきました。その活動の中で、色々な子ども達やおかあさんや、おとうさん方と出会うことが出来ました。

 幼稚園でいじめを受けて登園できなくなってしまった子、帰国子女で日本の学校になじめなくて不登校だった子、引っ込みじあんな子・・・でも、表現あそびでは、最初は恥ずかしがっていた子もどんどん生き生きとしてきて、いじめを受けていたことや、不登校であること、引っ込みじあんだったことなどが信じられない程変わって行きました。

 私が中学生の時にそうであったように、ありのままの自分を受け入れてくれる仲間や居場所が本当に大切なんだと改めて感じました。

 また、そんな子ども達と、深い愛情を持って向き合う親御さん達にも感銘をうけました。

 そんなことが保育やベビーマッサージを学ぶきっかけとなりました。

 

2013年

10月

27日

短大時代は・・・

桐朋学園芸術短大演劇科では、演技・演劇史・声楽・狂言・日舞・クラシックバレエ・マイム・仏語か独語・体育などなど、様々な授業がありました。中でも私が一番感銘を受けたのはマイムでした。フランスのジャック・ルコック国際演劇学校のルコックシステムと呼ばれているメソッドで、演技の基礎とも言える内面の重要さを学ぶことができました。後にAtem-Tonus-Ton呼吸法・発声法のマリア先生のワークショップを受けた時にも、ルコックシステムと共通する部分があり、また感銘を受けたのでした。

2013年

10月

22日

高校は・・・

高校の時はバンドを組んでいました。

私は、主にヴォーカル&コーラスでした。日本のアーティストや、外国のアーティストの

歌をコピーして歌ったり、オリジナル曲も歌っていました。

もちろんヴォイストレーニングなど受けていなかったので、我流の歌い方でした。

手元に残っている当時の練習用テープを聴くと、未熟で恥ずかしくなります。が、「若さ」というのは、トレーニングをしていなくても、それなりに魅力があるものだなあ・・・と思いました。

 

☆この度、台風26号で被災された皆様にお見舞い申し上げます。

 

台風27号も迫っています。皆さん気をつけましょうね!

 

2013年

10月

19日

はじめまして なかたに やすこ です。

アクセスして下さった皆さん、どうもありがとうございます。

初めてなので、ちょっと私の紹介を(^^)

小さい時から歌や芝居や盆踊り(?)が好きな女の子でした。

宝塚歌劇に憧れて、小・中学校の時は児童劇団に、中学では演劇部にも入っていました。

テレビやラジオ、舞台にも出演していました。

その頃は、お仕事をしているというよりは好きなことをしている・・・

といった感じでした。

児童劇団も通うのが楽しくて、学校で辛い事があっても、劇団へ行けばありのままの自分を受け入れてくれて、辛い事も忘れさせてくれる「もう一つの自分の居場所」でした。

 続きはまた・・・