短大時代は・・・

桐朋学園芸術短大演劇科では、演技・演劇史・声楽・狂言・日舞・クラシックバレエ・マイム・仏語か独語・体育などなど、様々な授業がありました。中でも私が一番感銘を受けたのはマイムでした。フランスのジャック・ルコック国際演劇学校のルコックシステムと呼ばれているメソッドで、演技の基礎とも言える内面の重要さを学ぶことができました。後にAtem-Tonus-Ton呼吸法・発声法のマリア先生のワークショップを受けた時にも、ルコックシステムと共通する部分があり、また感銘を受けたのでした。