卒業後は・・・

 卒業後は、卒業生や色んな方達と小劇場で演劇をやっていました。その後は、親子のリズムサークルや、地域の子ども達の表現あそびの会や、障がい児・者の表現活動に携わってきました。その活動の中で、色々な子ども達やおかあさんや、おとうさん方と出会うことが出来ました。

 幼稚園でいじめを受けて登園できなくなってしまった子、帰国子女で日本の学校になじめなくて不登校だった子、引っ込みじあんな子・・・でも、表現あそびでは、最初は恥ずかしがっていた子もどんどん生き生きとしてきて、いじめを受けていたことや、不登校であること、引っ込みじあんだったことなどが信じられない程変わって行きました。

 私が中学生の時にそうであったように、ありのままの自分を受け入れてくれる仲間や居場所が本当に大切なんだと改めて感じました。

 また、そんな子ども達と、深い愛情を持って向き合う親御さん達にも感銘をうけました。

 そんなことが保育やベビーマッサージを学ぶきっかけとなりました。