アーテム・ト-ヌス・トンの講習会に参加して・・・

 先月、3日間のアーテム・トーヌス・トンの講習会に参加しました。講師は、ウィーン出身の俳優で、*フェルデンクライス・メソッドのトレーナーでもあるクリストフ氏です。

 ワークの内容は基礎的なものでしたが、初心にかえった気持ちで3日間自分の声と心と体に向き合うことで、新しい発見が沢山ありました。心の中の憂鬱なことが、声と一緒に体の外へと放たれていくようで、心が穏やかになりました。

 参加者も、セラピストの方や、元小学校の校長先生など、様々な職業や活動をされている方がいらっしゃって、色々なお話が聞くことができ、良い刺激になりました。

 ただ、共通していたのは、アーテム・トーヌス・トンの良さを色々な所で説明しても、なかなかわかって頂けないということでした。自分の声や心や体をなんとかしたい・・・という思いがなければ、アーテム・トーヌス・トンの良さを理解して頂くのはなかなか難しいですね、と話していました。

 

*フェルデンクライス・メソッド

 創始者モーシェ・フェルデンクライス博士は『心地よい体の動きが”脳”を刺激し活性化させる』ことを発見し、1940年代に一つの体系化されたメソッドとして確立。以来、ヨーロッパをはじめ北米・南米・オーストラリアへと広がり、その実績は教育・芸術・医療など幅広い分野で評価され現在では日本を含め世界で活用されている。(日本フェルデンクライス協会HPより抜粋)